桐たんすTOP > ブログ > 練馬区のお客様より修理依頼のあった箪笥のご紹介です
タンス修理
2015/02/09

練馬区のお客様より修理依頼のあった箪笥のご紹介です

a.takahashi
ブログ

☆練馬区 I様宅

今回修理させて頂いた桐箪笥は、角金具箪笥と呼ばれ、明治・大正・昭和の初期まで製造されていた物です。今を遡ること約140年前、ご依頼者のご祖母様が嫁いだ時の嫁入り道具の1つです。かなりの痛みやカビが発生していたので、金具はそのままで、本体を新しく作る事になり、仕上は、木工1級技能士の職人(金 惣一)の手で、漆塗りにしました。

納品事例

納品事例

ご祖母様は静岡県の島田市のご出身で、嫁入りの行列は100メートルを越えていたそうです。ご当地では3年に一度、行う大井神社の【島田大祭 帯祭】があり「奇祭」と呼ばれており安産祈願が目的です。静岡県の無形文化財に指定されています。

 

 

島田大祭

また、御依頼主様は、伝統工芸品にかなり関心をお持ちで、ご自宅には、明治中期に作られた水亀も大切にご使用されています。遠方まで何度も通い、漸く手に入れた程の行動力のある方です。

製品イメージ

Facebookで更新情報をチェック!